現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 役場担当部署一覧
  3. 産業振興課
  4. 『フリカムイ・ホロノベ』第1回スノーカイト大会

『フリカムイ・ホロノベ』第1回スノーカイト大会

 2月22日〜25日にかけて、フリカムイ・ホロノベ(スノーカイト・エンデュランスレース)が開催されました。
 アイヌの伝承に登場する巨大な怪鳥「フリカムイ」のように、色とりどりの巨大なカイトが大空を舞い、雪原を疾走しました。

開催内容

◆開催内容
 スノーカイト・エンデュランスレースとは、設定されたコースを規定数周回する速さを競うものです。
 本大会では、サロベツ原野を舞台として1周約9キロメートルのコースを設定し、競技時間3時間内で5周するという過酷な耐久レースでした。

【22日(木)  公開練習・レセプション】
 午前中に選手、スタッフが会場入りし、本部等をセッティングしました。
 到着した選手はフィールドの広さに驚きと感動を口にしながら、準備を整えて公開練習を行いました。
 また、夕方には、トナカイ観光牧場でレセプションが催され、歓迎の挨拶と激励の言葉を受け、明日から始まる競技に向けて気を引き締めていました。

【23日(金)10時30分 競技開始!】
 各クラスが一斉にスタートしましたが、経験したことのない距離と、この地域では珍しく風が弱いというコンディションの中、選手は持てる技術を駆使しながらカイトを操り、完走を目指しました。 
 結果として、時間内に完走した選手は2名でしたが、選手達の表情には疲労困憊の中にも充実感が見えました。
 休むことなく、周回を重ねて完走を目指していた皆様には賛辞を贈りたいと思います。

【24日(土) 荒天による競技中止】

【25日(日)10時00分 体験会・模擬レース】
 スノーカイト体験会と模擬レースを実施しました。
 天候が思わしくない中、多くの方が来場され、初めてのカイト体験では慣れない操作に悪戦苦闘しながらも、楽しそうにカイトを動かしていました。
 午後からの模擬レースではコースを短く設定したスプリントレースが開催され、そのスピード感に驚いていたようです。

 選手の皆様、お疲れさまでした。
 また幌延町にお越しください。お待ちしております!
 

  • 競技フィールド

  • 22日公開練習風景

  • 22日公開練習風景

  • 22日レセプション(大会長挨拶)

  • 22日レセプション(実行委員長挨拶)

  • 22日レセプション風景

  • レセプション(集合写真)

  • 23日競技開始前

  • 23日競技(スタート前ブリーフィング)

  • 実行委員会競技スタッフ

  • 実行委員会競技スタッフ

  • 実行委員会競技スタッフ

  • 23日競技前の選手の表情

  • 23日競技開始

  • 23日競技

  • 23日競技

  • 23日競技

  • 23日競技後の選手の表情

  • 23日競技後の選手の表情

  • 25日体験会

  • 25日体験会

  • 25日模擬レース

  • 25日模擬レース

  • 25日模擬レース

問い合せ先・担当窓口

産業振興課

最終更新日:2018年03月07日

発信元: 産業振興課