現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの観光
  3. 町のキャラクター
  4. 秘境駅キャラクター

秘境駅キャラクター

平成28年に開催した「秘境駅キャラクターコンテスト」から誕生した秘境駅キャラクターの糠南駅の「ぬかにゃん」と下沼駅の「ぬまひきょん」をご紹介します!

秘境駅キャラクター 基本デザイン

・糠南駅「ぬかにゃん」
・下沼駅「ぬまひきょん」

  • 秘境駅キャラクター

誕生の経緯

幌延町では、「秘境駅の里『ほろのべ』」をキャッチフレーズに、鉄道系資産によるまちおこしを進めており、その一環として、平成28年度に秘境駅キャラクターコンテストを開催し、各駅にキャラクターを守り人のように設定する事業を展開することとなりました。
秘境駅キャラクターを通して、鉄道によるまちおこしの関心度を高め、全国の鉄道ファンに秘境駅キャラクターを応援してもらい、交流人口の増加などから地域活性化を目指しています。

秘境駅キャラクターの使用について

秘境駅キャラタクターは、秘境駅を愛する人々の心にいつまでも残るものとして、大切に守り育て、PRしていく存在であるため、正しくご活用いただきますようお願いします。
秘境駅キャラクターに関する著作(財産)権、使用権は幌延町に帰属し、著作(人格)権は原作者様に帰属します。

秘境駅キャラクターは、幌延町のPRや鉄道利用促進のために使用するものですから、幌延町や鉄道事業者の品位を傷つける行為は絶対におやめください。
不適切な使用が判明した場合は、即時使用を取り消すこととします。また、必要に応じて損害賠償等の請求を行う場合があります。

秘境駅キャラクターの使用は次のとおりとします。
ご使用の区分 使用申請 備考(ご留意事項・添付書類等)
共通 ・「お守りいただく事項」や「遵守事項」留意
・使用による一切の責任は使用者が負う
⓵個人の非営利目的の場合 不要 ・町HPからデータダウンロード
・利益行為禁止
⓶法人・団体の非営利目的の場合 必要 ・(添付)企画書、物品見本、団体等概要プロフィール
⓷個人及び法人・団体の営利目的の場合 必要 ・(添付)企画書、物品見本、団体等概要プロフィール
・鉄道事業者への商品化権使用許諾契約が必要な場合、使用料負担
⓸デザインの改変・応用使用の場合 必要 ・町にデザインデータ提出
・町に著作権無償譲渡
※使用申請:使用(変更)承認申請書

使用ガイドライン

秘境駅キャラクターは、鉄道利用促進、町PRの観点から、広く多くの方にご使用いただくことを想定しますので、さまざまな機会に積極的な周知広報をお願いします。
キャラクターの使用料は、原則無料(利益行為は除く)としますが、キャラクターを使用した製作物に関する事故、苦情等が発生した場合は、使用者がその責任のもとに必要な措置を講ずることをご了承いただきます。

詳細については、次の「使用ガイドライン」をご参照ください。

使用方法1

お守りいただく事項について

幌延町の愛すべき秘境駅キャラクターとして、次の点をお守りいただきご使用ください。

■お守りいただく事項
・幌延町や秘境駅のPRという趣旨に反することをしないこと
・幌延町や秘境駅、鉄道事業の品位を傷つけ、又は正しい理解の妨げとなることをしないこと
・特定の政治、思想、宗教の活動に利用しないこと
・特定の個人又は団体の売名に利用しないこと
・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に定める営業を行う者が使用しないこと及びこれらの者が商品等を販売しないこと
・不当な利益を得るために利用しないこと
・幌延町の事業又は幌延町の認めた関連事業を推進する上で支障とならないこと
・キャラクターは正しい使用方法に従って使用すること
・法令や公序良俗に反しないこと
・その他、幌延町長が不適当と認めることをしないこと

■遵守いただく事項
・承認された用途のみに使用すること
・キャラクターのイメージ、信用性等を損なうことがないよう適正に使用するとともに安全性、品質についても十分な配慮をすること
・色を正しく使用すること
・キャラクターデザインの改変、応用使用は可能とするが、基本的形状やサイズを維持すること
・改変、応用使用データを幌延町長に提出し、幌延町に著作権を無償で譲渡すること
・各種法令を遵守すること
・キャラクター使用に係る物品の使用に当たり、事故等が発生しないよう万全の配慮を行うこと
・キャラクター使用を原因とする事故に対しては、幌延町は一切の責任を負わないこと
・キャラクターを使用した製作物等を商標登録しないこと 

秘境駅キャラクターのご紹介

秘境駅キャラクターの使用、改変・応用に際しては、次のキャラクターの設定に沿った展開を期待しております。

(1)≪糠南駅:「ぬかにゃん」≫
○ヌカナンの山奥から出てきたメス猫で名前は「ぬかにゃん」
○糠南駅のヨド物置に住みつき、秘境駅探訪ファンを密かに見守っている
○週に2〜3日程度、人型に変身して朝一番のキハ54で幌延町役場に通勤し、何食わぬ顔で秘境駅課のパート勤務。たまに「糠南」のキーワードを聞くと油断して耳が飛び出してしまう
○仕事を終えると、また最終のキハ54に乗って糠南駅に帰り、猫型に戻って物置の番人に…
■デザインのポイント
≪猫型タイプ≫
・駅舎その物を描き端的に糖南駅を表現しつつ一度見たら忘れられない個性と、万人に受け入れられるキュートさが魅力
・人型になった時の容姿も考え老若男女誰からでも愛される可愛らしい表情
・顔が駅舎型(ヨド物置「あぜくら」)でズバリ糖南駅をアピール!
・雨の日、風の日、暑い日、寒い日、心(顔)のドアを空けて「どうぞ休んで行ってくださいね」と癒してくれる優しい「ぬかにゃん」
・尻尾は遮断機カラー
≪中間型(変身)タイプ≫
・耳が駅舎の赤で体も駅舎の白、遮断機カラーのシマシマ尻尾(物置タイプと共通)がキュートな「ぬかにゃん」
・雪深い冬は雪の中から赤なお耳ピョコっと出して「ここにいるよ〜!」とアピール
・遮断機カラーの尻尾は、列車が来た事に気付かない人や動物のお友達に尻尾を振って危険をお知らせできるのだ
・得意は木登りとかくれんぼ。駅舎回りの草むらでかくれんぼしているけど、どんなに上手に隠れても黄色い尻尾が見えてしまう
・寒い日は列車を待つお客さんの膝に乗って暖めてあげるのが大好きな優しい「ぬかにゃん」
≪人型タイプ≫
・髪とかばんと靴がヨド物置「あぜくら」カラー
・驚くと耳が飛び出してしまう…

(2)≪下沼駅:「ぬまひきょん」≫
○下沼の「ぬま」と秘境(ひきょん)駅をかけた名称
○下沼駅に住みつく妖怪
○顔はヨ3500形車掌車を改造した貨車駅舎
○誰も見ていない間に、こっそり動き出す
○夜空の星を見上げるのが好き
○星にあきたら町の灯りをのぞきに行く
○ほろのべロゴの黒いTシャツを着ているが黒くて一体化して見える
○誰かが来ると、こっそり貨車駅舎に隠れてしまう(恥ずかしがり屋さん)

問い合せ先・担当窓口

産業振興課

最終更新日:2017年05月02日

発信元: 産業振興課