現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 役場担当部署一覧
  3. 建設管理課
  4. 水道の凍結を防ぐために

水道の凍結を防ぐために

凍らせないために

 水道管を凍らせないために、最も有効な方法が「水抜き(水落とし)」です。
 水抜きとは、不凍栓を使って水道管から凍る原因の「水」自体を抜いてしまうことです。
 水道管内の水が凍ってしまうと、水が氷となって膨張し、管を破裂させてしまいます。厳冬期のおやすみ前や長期不在の際には、水抜きを心がけてください。
 部屋を暖かくしていても、床下などの外気にさらされる吹き抜け部分から凍ってしまうこともあります。テレビの天気予報などで「水道管の凍結に注意」と情報が出されたときは、水抜きをするようにしましょう。

水抜栓(元栓)による水抜きの手順

【水を抜くとき】
(1)蛇口を閉める。
(2)水抜栓(元栓)を『止』の方向に操作する。
(3)蛇口をいっぱいに開ける。
(4)空気入れ蛇口がある場は、そちらもいっぱいに開ける。
(5)しばらくしてから蛇口と空気入れ蛇口を閉める。

【水を出すとき】
(1)蛇口と空気入れ蛇口が閉まっていることを確認する。
(2)水抜栓(元栓)を『出』の方向に操作する。
(3)蛇口をゆっくり開ける。

※水抜栓の開け閉めが不完全ですと、水が完全に抜けず、凍結や破損、漏水の原因になります。
 水抜栓が動かない場合は、上下水道係、または指定給水工事事業者に修理をお申込みください。

水抜き以外の凍結予防方法

【加熱】
 水道管に電熱ヒーターを巻いて水道管を温める方法です。電気料や火事防止の点検・部品の交換などの維持費がかかるのがデメリットです。

【保温】
 水道管に保温材を巻き、凍結させにくくする方法です。短時間の外出などには有効ですが保温に限界があるため、厳寒時には効果は期待できません。

万が一、水道管が凍結してしまったら

(1)軽い凍結の場合
 部屋を暖めましょう。管の側に暖房器具を置くのも有効です。露出している管や蛇口にタオルや雑巾を巻き付け、その上からゆっくりお湯をかけてください。
 ※ガスバーナーなどの炎を管に直接あてて暖めないでください。急激な熱変化で管が破裂する場合があります。

(2)それでも解氷ができない場合
 指定給水装置工事事業者に依頼して解氷してもらいましょう。また上下水道係でも解氷作業を行っておりますのでご連絡ください。費用はお客様の負担となります。

問い合せ先・担当窓口

建設管理課 管理グループ(上下水道係)

最終更新日:2016年11月02日

発信元: 建設管理課 管理グループ(上下水道係)