現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 税金
  4. 税金の種類
  5. 軽自動車税

軽自動車税

軽自動車の課税について

軽自動車税

 軽自動車税は、毎年4月1日現在において、原動機付自転車、軽自動車等を所有し、幌延町を主たる定置場としている方に課税されます。 

税額・減免


原動機付自転車、軽2輪、2輪の小型自動車、小型特殊自動車


軽自動車の種類
税  額
平成27年度まで 平成28年度から
 原動機付
 自転車
 総排気量が50cc以下のもの 1,000円 2,000円
 2輪で総排気量が50ccを超え90cc以下のもの 1,200円 2,000円
 2輪で総排気量が90ccを超え125cc以下のもの 1,600円 2,400円
 3輪以上で総排気量が20ccを超えるもの、又は定格出力0.25kwを超えるもので一定のもの 2,500円 3,700円
 軽2輪  125ccを超え250cc以下のもの 2,400円 3,600円
 2輪の小型
 自動車
 総排気量が250ccを超えるもの 4,000円 6,000円
 小型特殊
 自動車
 農耕作業用(トラクター等で乗用装置があるもの) 1,600円 2,000円
 その他(フォークリフト、ショベルローダー等) 4,700円 5,900円
 専ら雪上を走行するもの 2,400円 3,000円



軽自動車(3輪以上)
最初の新規検査年月(車検証の「初度検査年月」)により、現行税率、新税率、重課税率のいずれかの税率になります。


車   種
税   額
平成27年3月31日までに最初の新規検査をした車両(1) 平成27年4月1日以降に最初の新規検査をした車両(2) 最初の新規検査から13年を経過した車両(3)

 3輪(660cc以下) 3,100円 3,900円 4,600円
 

 4輪以上
(660cc以下)
乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円
(1)平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした軽自動車については、現在の税率から変更はありま
  せん。ただし、平成28年度課税から(3)に該当する場合があります。
(2)平成27年度に新税率を適用する車両は、平成27年4月1日登録で、最初の新規検査年月が平成27年
  4月の車両に限られます。
(3)平成28年度課税から、最初の新規検査から13年経過した3輪、4輪の軽自動車について、重課が導
  入されます。ただし、動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・
  ガソリン電気併用の軽自動車及び被けん引車は、重課の対象外です。 


3輪以上の軽自動車に係るグリーン化特例(平成29年度)
平成28年度中(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)に最初の新規検査を受けた車両で、排出ガス性能及び燃費機能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成29年度分の軽自動車税を軽減する特例措置(軽課)を適用します。

車   種
税   額
75%軽減(ア) 50%軽減(イ) 25%軽減(ウ)

 3輪(660cc以下) 1,000円 2,000円 3,000円
 

 4輪以上
(660cc以下)
乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
貨物 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円

 区分 税率を概ね75%軽減(ア) 税率を概ね50%軽減(イ) 税率を概ね25%軽減(ウ)
乗用
 電気軽自動車及び
 天然ガス軽自動車
 
 平成32年度燃費基準
 +20%達成車
 平成32年度燃費基準達成車 
貨物  平成27年度燃費基準
 +35%達成車
 平成27年度燃費基準
 +15%達成車
  • 電気軽自動車及び天然ガス軽自動車は、平成21年排出ガス規制に適合し、平成21年度排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ない車両に限ります。
  • ガソリン車、ハイブリット車は、平成17年排出ガス基準規制に適合し、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ない車両に限ります。


減免について
身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は療育手帳等の交付を受けている方が所有する軽自動車等で、一定の要件に当てはまる場合は、申請により軽自動車税の減免を受けることができます。(詳細は住民生活課 税務保険グループまでご連絡ください。)
  • 減免申請は、毎年、納期限までに行わなければなりません。
  • 減免できる軽自動車等は、自動車税・軽自動車税を通じて1年に1台です。

届出機関

軽自動車の届出について
軽自動車に異動があった場合には、トラブルを防ぐために速やかに手続きを行ってください。
  • 移転登録:売買や譲渡により軽自動車の所有者が変更となったとき。
  • 抹消登録:廃車にするとき。
  • 変更登録:納税義務者の住所や定置場が変更となったとき。

届出場所について
軽自動車の種類によって、届出場所が異なりますのでご注意ください。

幌延町役場 住民生活課 税務保険グループ
  • 原動機付自転車
    • 125cc以下のバイク等
  • 小型特殊自動車
    • 農耕作業用トラクター等
    • 一定規格以下のタイヤショベル等
旭川地区軽自動車協会
  • 軽自動車
    • 660cc以下の3輪・4輪のもの)
    • 250cc以下のバイク等
旭川地区運輸支局
  • 2輪の小型自動車
    • 250ccを超えるバイク等

税止めの手続きについて
幌延町で課税の対象となっている「旭川」ナンバーの軽自動車やオートバイを、旭川地区以外や道外で廃車または住所変更・名義変更などの登録変更をしたときは、税止めの手続きが必要です。(詳細は住民生活課 税務保険グループまでご連絡ください。)

問い合せ先・担当窓口

幌延町役場 住民生活課 税務保険グループ

  • 天塩郡幌延町宮園町1番地1
  • 電話番号:01632-5-1115

旭川地区 軽自動車協会

  • 旭川市春光町10番地
  • 電話番号:0166-53-7300

旭川地区 運輸支局

  • 旭川市春光町10番地
  • 電話番号:0166-51-5271

最終更新日:2017年05月25日

発信元: 住民生活課

関連カテゴリー