現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 役場担当部署一覧
  3. 保健センター
  4. 介護予防・日常生活支援総合事業

介護予防・日常生活支援総合事業

平成29年4月より総合事業が始まります。

【介護予防とは】
  介護保険法では、「介護予防」を「身体上又は精神上の障害があるために、入浴、排せつ、食事
 などの日常生活における基本的な動作の全部若しくは一部について常時介護を要し、又は日常
 生活を営むのに支障がある状態の軽減または悪化の防止」と定義しています。
    幌延町では、高齢者が要介護状態等となることを予防するとともに、要介護状態等となった場合
 においても、可能な限り住み慣れた地域において自立した日常生活を営むことができるよう支援
 するため、平成29年4月から地域支援事業として「介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総
 合事業」といいます。)」を実施します。
  総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」および「一般介護予防事業」で構成されてい
 ます。 

◆介護予防・生活支援サービス事業
  要支援認定者および事業対象者(要支援認定相当等)を対象に、従来予防給付として提供して
 いた「全国一律」の介護予防訪問介護と介護予防通所介護を「町」の事業として実施します。その 
 他、町独自のサービスも開始する予定で、生活支援サービスの充実を目指しています。
  幌延町では、以下の事業を行います。

 ・訪問型サービス(第1号訪問事業)
  要支援者等に対し、掃除・洗濯などの日常生活上の支援を提供する事業です。従来の介護予
 防訪問介護に相当するサービスを提供します。(サービス内容に変わりはありません。)また、従
 来のサービスのほか幌延町独自の緩和されたサービスも予定しています。

 ・通所型サービス(第1号通所事業)
  要支援者等に対し、機能訓練やレクリエーション、社会交流の機会などを提供する事業です。
 従来の介護予防通所介護に相当するサービスのほか、幌延町独自のサービスがあります。

 ・介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)
  要支援者等の心身の状態が生活環境等の状況にあった適切なサービスが包括的かつ効率的
 に提供されるよう必要な援助を行う事業です。従来の介護予防支援も含め、幌延町内では、幌延  
 町地域包括支援センターが実施しています。

一般介護予防事業
  第1号被保険者(65歳以上の被保険者)のすべての方およびその支援のための活動にかかわ
 る方が対象です。

 ・介護予防把握事業
  75歳以上の方に、生活状況アンケートを実施し、何らかの支援を必要とする方を早期に把握し
 介護予防活動へつなげる事業です。

 ・介護予防普及啓発事業
  介護予防活動の普及啓発を行います。(日程等詳細については、下記の各事業をクリックし、ご
  覧ください。)
 1.通所型「にこにこ教室」(閉じこもり予防)
 2.通所型「はつらつ教室」(運動・口腔複合)
 3.老人クラブなど各団体の健康教育
   
 ・地域介護予防活動支援事業
  にこにこ教室協力員養成

 ・地域リハビリテーション活動支援事業
  リハビリ専門職の活用(作業療法士・言語聴覚士)

問い合せ先・担当窓口

保健センター

最終更新日:2017年04月01日

発信元: 保健センター