現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 医療・健康
  3. 検診・予防
  4. B型肝炎ワクチンについて

B型肝炎ワクチンについて

平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンが定期接種になりました。

注射画像
Q.B型肝炎とは?
B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。
肝臓の炎症が長引くと(キャリアになると)、肝硬変や肝臓がんを引き起こす方もいます。感染力の強いウイルスです。

Q,どうやって感染するの?
B型肝炎ウイルスを持った母親から産まれてくる時に子どもがうつったり、ウイルスに感染された血液の輸血や性行為などで感染します。しかし、原因不明のこともよくあり、特に子どもは原因不明のことが多いとされます。

Q.B型肝炎ワクチンとは?
ワクチンを接種することで、B型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。
免疫は、B型肝炎を予防し、まわりの人への感染も防ぐことができます。

Q.定期接種の対象者・スケジュールは?
★対象者は、幌延町に住所を有し平成28年4月1日以降に生まれた0歳児です。
(1歳になる前に3回の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります)
★1歳になってしまうと、定期接種の対象外となります。
(スケジュールをよくご確認いただき、予防接種を受けるようにしてください)
★接種回数
生後2ヶ月から1歳までに3回接種する。
27日(4週)以上の間隔をあけて2回接種。3回目は1回目接種から139日(20週)以上の間隔をあけて1回接種。


不明な点等ありましたら、保健センターまでご連絡ください(☎5−1790)

問い合せ先・担当窓口

保健センター

最終更新日:2017年04月01日

発信元: 保健センター

関連カテゴリー