現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの観光
  3. 観光施設紹介
  4. 金田心象書道美術館

金田心象書道美術館

書家「金田心象」先生の、書作品約1,200点をはじめ、硯・筆・陶器類約400点を収蔵している美術館です。

心象館「書カフェ」

書カフェメニュー表
 心象館の喫茶コーナーにコーヒーマシンを導入し、「書カフェ」を引き続きお実施しております。
メニューは、ブラックコーヒーだけでなく、レギュラーやカフェオレ、カプチーノ等、各種コーヒーを1杯80円か120円でお楽しみいただけます。
芸術にふれながら、落ち着いた空間と広々とした外の景色を眺め、ゆったりとしたひとときを過ごすことが出来ますので、是非、お越しください。

<営業時間>  10:30〜15:30

心象館からのお知らせ

◆ 心象館ミニギャラリー展◆
1階喫茶コーナー「書カフェ」にて、町内外のサークルや一般の方々の作品を展示するミニギャラリー展を企画しています。
御利用を検討されている方などがいらっしゃいましたら、幌延町教育委員会社会教育グループまで御連絡ください。

 ※ 1階、2階の展示室を観覧される方は観覧料がかかります

金田心象書道美術館について

金田心象先生

金田心象先生

金田心象書道美術館(心象館)は、幌延町が生んだ書家「金田心象」先生の、日本書道界における重鎮としての偉大な足跡と、崇高な精神を保ちながら追い続けた「書」のこころを鑑賞するとともに、その作品と書業をたたえ永く顕彰し、厳しい北方風土が創造性豊かな人間形成と香り高い芸術文化の醸成に大きな影響を及ぼすことを認識し、この中から書道の心と技を育むことを狙いとしています。

当美術館は、国による”自ら考え自ら行う地域づくり”いわゆる「ふるさと創生事業」の一環として、町民の多くの希望意見の中から採択し、平成元年度に建設着工、平成2年5月20日開館いたしました。金田先生の書作品約1,200点をはじめ、硯・筆・陶器類約400点を収蔵し、主として大型の書作品は一階に、小型の書作品と愛用品を二階に展示し、VTRコーナー、喫茶コーナーを設けています。
美術館内のようす

美術館内のようす

金田心象先生略年譜について

金田心象先生略年譜については、下記リンクよりご覧下さい。

動画による紹介

動画での紹介をご覧頂けます。

開館情報

がぞう
■開館時間
午前10時〜午後4時

■休館日
月曜日、国民の祝日(5月3日〜5日は臨時開館) 
年末年始・展示替日は臨時休館

■観覧料
  一般…300円(団体240円)
小・中・高校生…150円(団体120円)
(団体とは、20名以上になります。)

■展示替
年一回(4月12日〜14日)に展示替を行います。

問い合せ先・担当窓口

金田心象書道美術館

  • 〒098-3221 北海道天塩郡幌延町字幌延102番地の1
  • 電話番号:01632-5-2720

教育委員会 社会教育グループ(所管)

最終更新日:2016年04月26日

発信元: 教育委員会 社会教育グループ(所管)

関連カテゴリー