現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学校長あいさつ

学校長あいさつ

校長室から

幌延中学校長の写真
幌延中学校長 稲葉 泰愛
 

 私は,今年度本校に着任いたしました稲葉泰愛(いなばやすなり)と申します。幌延町は落ち着いた環境で,自然も多く,とてもよい街に来ることができたことを感謝しています。皆様にはいろいろとお世話になると思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

 着任早々に生徒の様子を見て感じたのは,素直さと仲間の個性を認め合う優しさです。教師の指導を素直に聞き入れて努力し,仲間を受容し協調する心の持ちようは,本校生徒のすばらしい持ち味です。保護者の方々の,協力的でしっかり子育てをしていらっしゃる姿勢が反映しているのだと感じています。

 学校としましては,このことに甘んじることなく,生徒たちが更に人として育ち社会で活躍できるよう,以下の学校経営方針にもとづき,教職員一丸となり教育活動に邁進してまいりますので,皆様には,ご支援,ご協力の程よろしくお願いいたします。

幌延町立幌延中学校長 稲葉泰愛

学校経営の基本方針

平成28年度学校経営の基本方針は次の3つです。
  1. 学校は生徒の「学びと成長」の場です。生徒に内在する「成長する力」を引き出し、より良く伸ばす責務を担っていることを自覚し、より教育力のある学校づくりを推進すること。
  2. 本校の良き伝統と校風を継承しつつ、時代の変化や社会の要請を敏感に受け止めながら、新たな幌延中学校の教育活動を創造していくこと。
  3. 地域の学校として、地域・保護者から信頼される開かれた学校づくりを進めること。

目指す学校像

学校経営の基本方針を具現化するために目指す学校づくりとして、次の5つを掲げました。

1 ぬくもりと活力にあふれた学校づくり
 
教育は、感動の営みである。公教育の使命を自覚しながら、生徒に愛情をそそぎ、ぬくもりのある人間関係の中で、調和と統一のある教育課程を策定し、実践を通してその改善に努め、教職員のやりがいと保護者の信頼に応える活力あふれるれる学校でありたい。
2 信頼と秩序に支えられた誇れる学校づくり
 これまで積み上げてきた教育実践を基盤にしながら、日常実践の中で、生徒との共感的理解に基づく指導を行い、満足感や成就感を味わわせ、保護者や地域の期待に応えることが信頼と秩序をもたらす。そのために、教職員の共通理解と協働体制を大切にした誇れる学校でありたい。
3 思いやりのある学校づくり
 立場や考えの違いを互いに認めあい、励ましといたわりをもって、ともに歩む心の温かさと心の豊かさを大切にする学校でありたい。
4 創意を重んじる学校づくり
 教職員相互の熱意と創意にあふれる活動は、学校に豊かさをもたらす。英知を集結し、日常の実践や研修を大切にしながら、授業づくりや様々な教育活動を通して、生徒一人一人にできる・わかる喜びと感動を与えることができる学校でありたい。
5 地域社会に信頼される学校づくり
 学校・地域・家庭がそれぞれの立場で教育の役割を分担しあう時代である。本校の教育活動への理解と協力を得ながら、小学校、家庭、地域社会との連携に努め、地域に信頼される学校でありたい。

学校経営の重点

学校経営の重点は、『学力と自治力の向上』です。この重点は、平成27年度から3年継続で取り組みます。また、重点の柱として次の4つを掲げました。
  
 柱1
 心身の健康に気を配り、自らを律しながら生き生きと生活する生徒の育成 
 柱2 自ら進んで考え、粘り強く、共に学び続ける生徒の育成
 柱3 自分や仲間を大切にし、認め励まし支え合う生徒の育成
 柱4 信頼される学校づくりの推進

柱ごとの具体的な方策

柱1 心身の健康に気を配り、自らを律しながら生き生きと生活する生徒の育成
方策1 学級活動・生徒会活動を通して、集団の一員としての学級や学校におけるよりよい生活づくりに参画し、協力して諸問題を解決しようとする自主的・実践的な態度の育成と自治力の向上に努めます。

方策2 日常における共感的な生徒理解や教育相談、家庭・地域との連携を通して、生徒指導の充実に努めます。

方策3 「早寝・早起き・朝ご飯」を意識した生活習慣づくりへの支援や食の大切さについての指導、保健・安全指導等を通して、健康な体と健康な心の育成に努めます。

方策4 校舎内外の安全、校内清掃、学級環境の工夫等を通して、きれいで落ち着きがあり、安全・安心に生活できる学校環境づくりに努めます。

柱2 自ら進んで考え、粘り強く、共に学び続ける生徒の育成
方策1 知・徳・体の調和のとれた創意ある教育課程の実施・評価・改善を図るとともに、各教科等の授業時数の計画的な運用と確保に努めます。

方策2 各教科の基礎的・基本的な知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力を高める、わかる授業づくりの工夫に努めます。

方策3 のびのびはつらつプロジェクト等の取組により、生徒一人一人への学習支援や家庭学習の習慣化と効率化のための支援に努めます。

方策4 全学年の数学におけるTT指導を通して、基礎的・基本的な内容の確実な定着に努めます。

方策5 保護者や関係機関等と連携して、生徒の教育的ニーズに応じた特別支援教育の充実に努めます。
柱3 自分や仲間を大切にし、認め励まし支え合う生徒の育成
方策1 道徳の時間をはじめ、各教科や特別活動、総合的な学習の時間など、学校の様々な教育活動を通して、豊かな心をはぐくむ教育の充実に努めます。

方策2 学校行事等を通して、集団への所属感や連帯感を深め、協力してよりよい学校生活を築こうとする自主的・実践的な態度の育成と自治力の向上に努めます。
柱4 信頼される学校づくりの推進
方策1 幌延町内の小学校と中学校の教育の充実と発展のために、小学校との交流や連携に努めます。

方策2 学校の教育活動の様子について保護者や地域住民に積極的に啓発を行うとともに、点検・評価を適切に行い、学校評価の充実に努めます。

方策3 生徒に対して深い愛情と使命感、豊かな人間性や社会性、教育の専門家としての資質・能力の向上に向けた研修の充実に努めます。