現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学校長あいさつ

学校長あいさつ

校長の写真

 校長の相座(あいざ)豊です。北緯45度に位置する幌延町は、遠いむかし荒れ地を切り拓き開墾の鍬を下した先達の労苦と熱意により現在の礎が築かれました。本稿は明治36(1903)年に開校し現在110年あたりの歴史を刻んでいます。

 校長室には、習字の教科書を執筆するなどした本町出身の書家、金田心象先生揮毫により教育目標「かしこく やさしく たくましく」が飾られています。

 学校の周辺にはさまざまな野鳥が訪れ、初夏には校舎が蝉の声で包まれます。このような自然豊かな環境で、子供たちは保護者や地域の方に愛され温かく見守られながら元気に学校生活を送っています。

 こうした豊かな環境を生かし、本校110名余りの子どもたちが、生命を尊重する心、他社への思いやりや社会性、倫理観や正義感、美しいものや自然に感動する心など豊かな人間性を育み、さらに仲間と共に賢く、本校の教育目標に向かって育っていけるような学校をめざしていきたいと思っています。
 
 皆さんの本校へのお力添えとご支援をよろしくお願い申し上げます。
 

学校経営の全体構造

学校経営の指標

サロベツの大地で 瞳輝く 子どもたちの 明日を耕そう

重点目標

「輝き」「笑顔」「元気」いっぱいの学校づくり
5つの「あ」運動の実践を通して、確かな学力と思いやりの心を

  • 輝きいっぱい~自ら進んで学び、伸び伸びと表現
  • 笑顔いっぱい~笑顔で挨拶、思いやり、助け合いの心
  • 元気いっぱい~元気な身体で、意欲的にチャレンジ
経営の重点
  • 確かな学力の向上をめざす学習指導の充実
  • 学校課題に基づいた研修活動の充実
  • 豊かな心の育成をめざす心の教育の充実
  • たくましい体力の育成をめざす健康教育の充実
  • 学校内外生活における安全・安心の確保
  • 全教職員の理解による特別支援教育の充実
  • 家庭・地域との連携を大切にした開かれた学校づくり
指導の重点
  1. 確かな学力の育成を目指す教課程の編成・実施・改善
  2. 基礎基本の定着、思考力・判断力・表現力等の育成と学ぶ意欲
  3. 教科指導の充実
  4. 評価の場と方法の工夫
  5. 指導要領の趣旨を生かした研修活動の推進
  6. 授業研究を軸とする校内研究
  7. 道徳教育・人権教育の充実
  8. 生徒指導の充実
  9. 異学年交流の取組
  10. 健康・安全教育の充実
  11. 食育指導の充実
  12. 体力づくりの推進
  13. 安全・防犯体制の再点検と安全管理の徹底
  14. 安全指導の充実
  15. 校舎内外の環境整備
  16. 情報の共有化と組織的特別支援教育の充実
  17. 一人一人に応じた支援
  18. 成長・発達などに関する相談活動の充実
  19. 授業や学校行事等の積極的な公開
  20. 学校評価による教育課程の改善と充実
  21. 組織的教育活動の推進
  22. 小中連携教育の推進